FC2ブログ

とことんメッセ(メッセンジャー黒田、會原の応援ブログ[blog])

ポストたかじんで名高いメッセンジャー黒田を応援するレビューブログです。1.メッセンジャーの歴史とネタをまとめています。2.出演番組のレビュー

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黒田:(メッセ弾本部を飾るオブジェ)そういうのを僕もね。探そうかなと思って
あいはら:つくるんじゃないの?
黒田:作る時間がね。もう一つないから。でね、この無機質な空間にちょっとファンタスティックなものをほしいとおもうのよ。あーなつかしいなとか。こんなもんあったとか。
あいはら:最近、ちょい疲れてるんちゃうか。やたら、なつかしさをもとめているぞ、おまえ。未来じゃなくて、過去を引きずっているような。
あいはら:そうやなつかしいじゃなくて、ほっこりするもんな
黒田:そういうほっこりするものは何かというと、昨日一晩考えたんや。一晩考えたら涙がでてきたんや。
あいはら:つらかったんだね。
サバンナ高橋:どうもどうも、サバンナ高橋でございます。ただいま到着いたしましたよ。
黒田;ながいもんには巻かれろの
あいはら:ミスターNO.2
高橋:今、勢いのあるメッセンジャーさんに巻かれてます。
黒田:先輩の前、歩いてこっちですっていう絵をよくみるもん。深夜のミナミでもようやっているもんな。
高橋:よくみるでしょ。僕の「ほんまですか」ってうの。ミスターほんまですか
黒田;ミスターほんまですか。
黒田:今日は高橋君にお願いしたいのは懐かしいものがほしいのよ。
高橋:なるほど、黒田さんのその意見も聞きまして、(視聴者からの)メールをぱぱっと検索したらちょうど言いメールがきてました。
最近7歳になる子どもがテレビゲームが欲しい、ムシキングが欲しいとだだをこねて仕方がありません。
どこまで買い与えるべきか悩んでいます。僕らの時代はそんなにおもちゃがかってもらえなかったような・・・。ちなみにメッセのお二人はどんなおもちゃで遊んでいましたか?
黒田:俺らのときは、残酷なゲームあったやろ。人生ゲームでも残酷やん。最後、子供売ったりするねんぞ。
あいはら;あー、びっくりした人生ゲームにもっていくんや。残酷なゲームいうから虫でも食うてたんかいうんかと思った。
黒田:罰ゲームやないか
あいはら:それがゲームとして成立。そうか人生ゲーム。あった、あった
黒田:家族(黒田家)で人生ゲームをやって、おかんが最後ゴールするとき、子供を売ってみんな引いたからな
。おかあさん3人売れたよ。
あいはら:2万円ずつぐらいもらえるんや
黒田:ほんまに売りよるんちゃうかと
高橋:昔、僕らとかメッセンジャーさんがやっていた頃のおもちゃで今日は遊んでみたいと
あいはら:いいね。
黒田:でもそういう店あるん?
高橋:いい店みつけたんですよ。もしかしたら、さっきいっていたオブジェなんかもあるかもしれません
黒田:自分で選べんねんや
あいはら:あー、オブジェが
高橋:とりあえず、いきましょう。
黒田:どっちどっち
高橋:こっちですよ。
あいはら:さすがミスターNO.2。ええみせか?
高橋;予約いれてますんで
あいはら:タレおる?タレ?
高橋:タレいます。

高橋:ていうことで、(大阪ミナミの)新世界にやってまいりました。
黒田:俺は、いうとくけど今風のおもちゃをもとめてるんじゃないで。先にいうたで
高橋:もう、古い。こんなんあったなとか、そういやつですよね。
黒田:それを買って、3人で遊びたい
あいはら:なんかおまえの思い出につき合わされている感まんまんやな。子供のときでけへんかったからな。いや、まぁ、黒田の笑顔がみたいから付き合うわ
黒田:よし。それでええねや。ついてこい
高橋:うわ、よろこんでる
あいはら;誰よりもテンションが高い
黒田:子供のころに近所の子がもっていたボードゲームがみてみたい。
あいはら:ドラキュラゲームちゃう?
黒田:ドラキュラちゃうな
高橋:その子はちなみに金持ちなんですか?
黒田;金持ちやったで
あいはら:黒田からしたら金持ちなだけで
黒田:なにいうてるねん。2階建てやぞ
あいはら:いや。普通やろ
高橋:普通です。僕んち金持ちですけど
あいはら:(高橋に)おまえんち金持ちやな
黒田:おまえ、歯医者の息子やないか。おまえんち、ちっこい頃からボードゲームなんて当たり前のようにやっていたの?
高橋:僕が小学校のころにファミコンが現れたんですよ。発売日にファミコンをこうた男ですよ。黒田さん、ちなみにファミコンは?
黒田:えー、高校3年生のときに、初めてビデオデッキが来ました。
あいはら:高3でビデオデッキ。いやそれでも、そんなに遅くないぞ
黒田:中1ぐらいやろ
あいはら:俺らの年代やったらおそくないぞ。上のお兄ちゃん3人はもう働いていたもんな
高橋:あった。たどりつきました。こちら。つなや玩具店。

黒田:こういうのを探してたんよ。
あいはら:もうすでにガチャガチャから雰囲気あるもんな
高橋:今日はね。気に入ったもんを買おうじゃないかと
黒田:かっていいの?箱めっちゃきたない。値段なんぼかわからへんやないの?
高橋:まったくわかんないですね。
あいはら:ほしいと思って箱をさわった瞬間手が汚れるっていう。手が汚れてしまうっていう
高橋:それ、粘膜でさわるとえらいことになる。
黒田:ほんまやな。中はいらしてもうていいですか?
あいはら:このへんはまぁまぁ普通じゃないですか

(このあと、店内にあるいろいろな商品をみます。文字にするのに限界があるので一部省略)
パーティージョイ
あいはら:これ(パーティジョイ)ね。小学生の誕生日会のプレゼントいうたら、ちっちゃめのプレゼントやったんや。小学校の誕生日会呼ばれたら。呼びかえさなあかんし。
高橋:どうするパーティジョイでええか
あいはら:ええか1000円やし。1000円ぐらいやったら(親は)すっとくれたし
黒田:俺、粘土で顔作って(もって)いった

トミカパーキング
黒田:俺、こんなん欲しかったな、子供のころ
あいはら:あー、これは(もってたんは)金持ちや
黒田:これ(メッセ弾本部の)セットでええんちゃう?
あいはら:おまえ、もって帰る気やろ。おまえ、家持って帰って遊ぶ気やろ
黒田:ちゃう。メッセ弾の本部のセットにおいといたら。(トミカの)ミニカーも。な、ええやん買おうや
あいはら:うっすら、もって行く気まんまんなのがな
黒田:そんな気ないって
高橋:子供がねだっているみたいになっていますよ。
黒田:おいといたら、あるやん
高橋:理由がいまいち、よーわからん
黒田:いまの・・
あいはら:わかったわかった。セット的にはOKやと思うけど。来年のお正月で我慢しようか
黒田:子供のころを思い出すわ。そういわれ続けて36年
あいはら:ええ子にしてたら、こうてもらえるよ
黒田:ええ子にしすぎたわ。小学校のころから(生活のために)アルバイトしているのに
あいはら:(学校の)せいせきを
黒田:せいせきをあらへんがな
あいはら:4800円やったらそんなに高くないわ
高橋:これはほんなら買いましょう。
黒田:やった。
あいはら:でも、これ、あれは別売りじゃないですか
黒田:ミニカー。おまえら好きなんこうてええぞ
あいはら:いや、別に君におごってもらうわけじゃない
黒田:ミニカー、好きなんこうてええぞ
高橋:僕ら1台もいらないですけどね
黒田:なんでやねん。そういうのあかんわ。
あいはら:ごめん
高橋:すいません。わかってます、黒田さん。
あいはら:ほんなら、おまえ、選べや(やさしい声で)
黒田:そう。よっしゃ。(店の主人に)すいません
店の主人:(ミニカーの)番号いうてください
黒田:まず、オデッセイの46番とセルシオかおうや。セルシオ17番
あいはら:やっぱりね。子供のころあこがれたんわ。このへんですよ。
黒田:どれどれ
あいはら:はしご車とかな。
黒田:はしご車とかパーキングとまらへんやん。あほか。なんでパーキング止まるねん。なんではしご車とまるねん。
あいはら:実寸大のこと?実寸大ではとまるけど?
黒田:個人タクシーにしよう。
高橋:個人タクシーとまります?個人タクシーください。
あいはら:ブルドーザーとか楽しいやん
黒田;あかんて、とまらへんもん
高橋:救急車はどうですか
黒田:救急車もとまらないから
夢中になる黒田少年
あいはら:忠実にしたがりやな
黒田:スカイラインかおうや
あいはら:おまえ、なんでかしらんけどセダンにあこがれてるな
黒田:そやな。(セダンじゃない)オデッセイかったやないか。わかります、運転手さん?
高橋:運転手さんちゃいますよ
あいはら:おい、テンションあがりすぎて。大将(店の主人)と運転手さんわからんようになっとるやないか

サッカーゲーム
あいはら:こんなん金持ちしかかってないぞ
黒田:ほんまや、サッカーゲーム
高橋:あったな家
店には、2種類の大きさのものが置かれていました。
黒田:後ろのやつ(大きいほう)のほうがいいんですか
あいはら;いまになって、自分の金じゃないのに貧乏根性だすなよ。後ろのええほうで。高いほうでええんちゃうか
黒田:いや、前のほうにしとくか
あいはら:おまえ、遠慮気味にいきとるの
高橋:ほんなら、前のにしときます?
店の主人:中身をちゃんと確認しといて
高橋:あるかどうかですか
店の主人:いやいやじゃなくて。商品
黒田:中身を見ていいじゃないですか

もっとチェッカーズ(ボードゲーム)

あいはら:これええな。
黒田:もっとチェッカーズ
高橋:これは興味深いですよ
あいはら;チェッカーズでも初期のころのですよ。
黒田:ほんまや
あいはら:ぼくこんな髪型してましたもん
黒田:やめとけ。ろうそくみたいな顔になんねんから
あいはら:それはそんなけつやがあるっていう
黒田;うるさい
店の主人:この(ガラスのショーケース)上であけて
あいはら:ええんですか。よごれますよ
黒田:なんでおれらが気をつかわなあかんねやろう
商品をあけてみて
黒田:ええやんこれ
あいはら;これやろうよ
高橋:これはキープしましょう
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ointmentwithaloe.blog32.fc2.com/tb.php/115-ebe911f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。