とことんメッセ(メッセンジャー黒田、會原の応援ブログ[blog])

ポストたかじんで名高いメッセンジャー黒田を応援するレビューブログです。1.メッセンジャーの歴史とネタをまとめています。2.出演番組のレビュー

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もろもろが多忙で、終了しまつた。すみません

メッセファンならなんとか入手して見てほしい特番(再放送に期待)
・第2弾の黒田アカデミー(1弾もおもしろい。3弾は微妙)
--文化人相手に、おもしろく裁ききってます。

・第1,2弾のうめだメッセ(3弾は微妙)

・ナンバ壱番館のメッセ出演の回:
ナンバ壱番館は様々な芸人の生き様、人生をとりあげる番組
捨てられたとき、耳たぶがないことで近所のひとに誰の子か気づいてもらえたというくだりで、今田が号泣したらしい。

あったらいいなと思う番組:
・生き物たちのエッチ事情の総集編の深夜特番

このブログの見方について
それぞれの記事は、左サイドにあるカテゴリーによって分類されています。

また、おすすめの記事は、メッセンジャーの歴史とネタ話:エピソード(常時追加)KTVアナ藤本景子ネタ生物のエッチ事情黒田のおすすめ史上最強の恋愛ドリル(特番)岡本栄カレンダー情報の入手方法など
スポンサーサイト
2時ワクに出演するなど、メッセンジャーのお二人と縁の深い清水キョウイチ郎さんがお亡くなりになりました。
ご冥福をお祈り致します。

該当2chのスレッド
【訃報】元「ぴのっきお」 吉本新喜劇のお笑い芸人・清水キョウイチ郎さんが肺血栓で死去 41歳★2
ttp://news18.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1162871806/
【元ぴのっきお】清水キョウイチ郎【吉本新喜劇】
ttp://tv7.2ch.net/test/read.cgi/geinin/1162808955/
【會原】メッセンジャーを語ろう6【黒田】
ttp://tv7.2ch.net/test/read.cgi/geinin/1159152449/

清水キョウイチ郎氏が死去
 タレントの清水キョウイチ郎(しみず・きょういちろう、本名清水共一=しみず・きょういち)氏が4日午前、肺血栓のため大阪市内の自宅で死去した。41歳。奈良県出身。葬儀・告別式は8日午前11時から大阪市阿倍野区阿倍野筋4-19-115、やすらぎ天空館で。喪主は弟、結三(ゆうぞう)氏。
 漫才コンビ「ぴのっきお」で活躍。解散後は吉本新喜劇などに出演していた。
ttp://www.sanspo.com/sokuho/1106sokuho106.html

スポニチ大阪版より
▼メッセンジャー・あいはら ええとこも、悪いとこも全部ひっくるめて憎まれへん人で、血のつながってない身内のような人でした。
 ▼メッセンジャー・黒田 こんなにインパクトの強い芸人は見たことがなかった。最後までみんなに迷惑をかける人でしたが、可愛がられる人でした。
ttp://www.sponichi.co.jp/osaka/ente/200611/07/ente199325.html

元ベイブルース高山さんの日記より
■2006/11/03 (金) 11月3日金曜日
明日の報道で流れる事なのですが、一部のブログ等で書き込まれていましたので、僕からも皆さんにお伝えさせて頂きます。
元ぴのっきをの清水キョウイチ郎さんが11月4日にお亡くなりになりました。自殺説という噂も流れているようですが、そうではございません。
肺塞血栓という病です。昨夜、メッセンジャーと天王寺警察の霊安室で清水さんに会ってきました。
辛いです。細かく文章にする気力も今は起こりません。すいません。
精神的に落ち着いたら改めてお伝えしますので、それまで待って下さい。
何もしてあげる事が出来なくてホントごめんね、兄さん。

吉本興業所属のお笑い芸人・高山トモヒロ日記
ttp://www5.diary.ne.jp/user/524920/
かじられた耳
黒田の家に、ねずみが住み着いた。
そのとき、家の中に食べ物がないため、代わりに、ドラえもんのように耳をかじられた。
だから、今でも、耳たぶらへんがかけている。


2回ほど捨てられました。
母親は貧しくて育てられないので、生まれてまもなく母親に2回も捨てられた。
・近鉄・八戸ノ里(快速が止まらず拾われにくいところ)の駅に捨てられた。
→有がいないってことで、兄が探して回って助けられた。
・2回目、神社にすてられた。
神主さんに助けられてた。

捨てられても耳が欠けているおかげで、近所の人に「黒田さんところの子」だと気づいてもらえた。


みかん箱
両親が離婚したとき、親父が渡した養育費がみかん箱だった。


人生テトラポッド
幼少のころから、黒田の兄貴が家訓のよう日々にいっていた言葉。黒田家の結束、兄弟ががっちりしとかないと流されてしまう。

隣の家に住む親父
黒田の親父は、黒田が幼少の頃に離婚した。
黒田の親父は外に愛人を作っても、また家に戻ってくるから、怒って追い出したら、隣に引っ越してきた。

banner_04
人気blogランキングへ


トイレが外から・・・
黒田の家のトイレで、かかんだときの目線の先にある壁が大きく穴が空いた。これをおかんにいうと、竹の2本を入れてすませた。しかし、解決せず。


「豚は今高いんです!」
黒田と母親は、取立ての暴力団に連れて行かれて軟禁された。
口論が続いた末、口が立つ黒田の母親にイラついた取立ての暴力団が「うるさいんや、この豚が」と罵倒した。
すると、黒田の母親が冷静に「豚で結構、豚は今高いんです」と切りかえした。

黒田は、連れていかれた先で、ケーキを食べることが食べさせてもらえたので、その家の子供になりたいと思っていた。


本当の貧乏人は・・・
「本当の貧乏人は、貧乏ゆすりをしない。」by黒田の母
黒田が、貧乏ゆすりをしていたら、同級生が「貧乏人やから貧乏ゆすりするんやって」とからかってきた。それを母親にいったら、「ほんまもんの貧乏人は貧乏ゆすりはせん、腹がへる」と
(だからあなたは大丈夫と人生を押してくれた一言)


子供の頃のおやつは鯉のえさ
黒田の子供のころのおやつは、はったい粉に、砂糖と麦茶をまぜたものだった。最近、はったい粉を見ないと思っていたら、鯉のえさになっていた。あと、練乳が最大のごちそうだった。かくものがなかったので、口のなかで氷をくだいてたべていた。
(戦後付近の生まれ(50歳以上)の人ならわかるが、35歳だとちょっと変。20年ぐらいずれています。)

哀しい誕生日パーティ
黒田が小学生5年生のときにクラスで、マクドナルドで誕生日パーティを開くのがはやった。
黒田のおかんに、「僕も誕生日会をマクドナルドでやりたい」って言うと、「うちでやれ」っていわれた。
仕方がないので、家で開くと、友達はプレゼントをもってきてくれた。おかんは、カレーライスを作って、友達にだしたのだ。帰り際に、おかんが、友達にカレーライス代500円を請求しだした。


クラスで給食費がなくなる
黒田は、小学校の5年生、担任の先生に嫌われていた。
そんなとき、給食費がなくなった。先生がみんなの目を閉じさせて「誰やとったん。正直に手をあげろ」っていった。
黒田は、誰がとったんやろうって薄めをあけてみると目の前に先生が立っていた。(ベルマークもなくなったときも疑われた。)遠足の前の日、「お茶持ってきてくださいね」とこの先生がクラスのみんなに呼びかけたとき、黒田が「加藤茶でもいいですか」というかわいらしい子供ながらのボケをしただけで、50発ぐらいたたかれた。

とるな号
黒田が子供の頃、自転車は結構高かった。そんなある日、黒田の自転車を盗まれた。なくなったため、黒田は、おかんにどつきまわされた。その後、自転車が高かったので、しばらく買ってもらえなかった。そして、やっと買ってもらった自転車に、おかんは、自転車の泥よけに「とるな」って書いた。その自転車は、とるな号と名づけられた。

黒田の初キス
黒田は初キスを自分の家でしたそうです。しかし、間が悪いことに、おかんが「クッキー食べるか」といって入ってきたそうです。

教室で内職をして人の優しさを知る
黒田は、高校の頃の話、授業料を払えなくて停学になっていた。
それは、ある日から出席確認のとき、自分だけ呼ばれず、飛ばされていうようになっていた。
始めは、先生のボケやっとおもっていたが、一週間続いたときに、先生に聞いたら、親が授業料を納めていないって理由だったそうだ。
大変だってことで、バイトだけじゃ追いつかないから、内職を学校に持ち込んでやっていた。すると、教室のみんなが授業中も、内職を手伝ってくれて、無事、修学旅行も行けて、授業もでれるようになった。

會原、安全地帯とプロレスの高校時代
會原の周りではみんな、安全地帯を聞いていたそうです。
山の上で、みんなでギターを片手に歌っていたらしい。
しかし、ラジオで、岸和田に住んでいた視聴者から會原さんがいうほど、安全地帯は流行っていなかったと証言が多々寄せられる。

黒田、芸人になるまで板前
黒田は芸人になる前は、お寿司屋さんで板前をして働いていた。
人としゃべるのは好きではなかったが、接客をするためしゃべらないといけなかった。しゃべってる中で客にうけ、しゃべる楽しさに目覚めた。休みが少なく仕事がきついのに、お寿司屋さんの給料があまりよくなかった。
テレビを夜、見ていたら。芸人がコントをしているのをみて、給料よく楽そうだから、芸人の世界に飛び込んだ。

會原、芸人になるまで
高校卒業後、ディスコ、レストランバー、ショットバー的なところ、ライブハウスなどの店員、運送や警備員などのバイトなどの仕事をしていた。

banner_04
人気blogランキングへ


1991年4月コンビ結成。NSC(吉本総合学院)の10期生

「パラちゃんて呼んで」
吉本の養成所で、黒田と會原がコンビを組むことがきまったとき、黒田は、かなりいかつい格好をした會原に端に呼び出された。
黒田は、何をいうてくるんかなとドキドキしていたら、初対面の黒田に自分から「今日から俺のことをパラちゃんて呼んで」っていったそうだ。
そのときの會原の格好は、ソバージュあてて、ピアスあけて、MCハマーのような唐草模様。
(*パラちゃんは、小学校3年生から続いているあだ名だそうです)


1993年今宮子供えびすマンザイ新人コンクール(第14回、こども大賞)


1995年ABCお笑い新人グランプリ(第16回、審査員特別賞)

相合橋の上での一ヶ月半路上生活
黒田が、デビューしたてのとき、金がなくて、住んでたマンションも家賃を払えず追い出された。
ある程度の生活用品を南紀白浜の紙袋にいれて、うろうろしていた。相合橋のところのトイレもあってちょうどよかったので生活していた。このとき、相合橋の人たちから、相合橋商店街の貴公子と呼ばれた。相合橋の人はいい人でみんなお金をくれて助けてくれたそうです。
後にあそこに理由を中川家に聞かれたときに「死のうと思ってた」と告白。
相合橋でしているとき、黒田は、會原に電話して1回は會原の家に泊めてもらった。でも、そのとき會原がバイトに行っている間に、會原のなけなしの米を黒田が勝手に食べてしまった。それで會原は泊めることが嫌になった。そのため、その後、黒田が何回、電話しても泊めてくれなかった。(そのときは、會原は黒田が路上生活をしていることは知らなかった)

ついに食い逃げまで
黒田は相合橋で路上生活してたとき、おなかが減ってにおいに誘われてラーメン屋にすーと肩から入り食べていた。食べている途中で脳が働きはじめ「あ、金がないわ」と気が付いた。どうしようかなと考えながら逃げた。そのとき、ラーメン屋の人がいい人で見逃してくれたそうです。
(* 3年後、お店へ謝りに行ってお金も出世払いで、許してもらっています。)



チャレンジャーの黒岩さん

デビューして五年目で名古屋の番組に呼ばれたとき、その番組の司会者が間違えて、「チャレンジャーの黒岩さんどうぞ」っていった。

1997年2丁目卒業、二人とも路頭に迷う

黒田:ますます、ハングリーになる。後輩の賞レースをとったらずっと電話をするようになる。
(タンクの証言 このころ、三日に一回泣いていた。ギターを弾きながら「俺もやめたらー」と言っていた)

會原:ある日いきなり「霊感」が強くなり出す(と、言い始める)。そのおかげで、この年の夏、心霊特集にゲストとして読んでもらえる。
(黒田の証言 新たなキャラを作り俺をおいてけぼりにしようとしたふしあり)
(タンクの証言 僕が太っているのも悪い霊がついているから、お払いにいったらやせるといわれた)
(タムケンの証言 僕の家庭が住んでいるマンションに、會原が嫁と来てなんかこのマンション暗いといって帰った)

1998年
2人ともレギュラーが全て終わる。ヤンタンのラジオが最後頼みの綱だったがそれが終わってしまう。

黒田:「やしきたかじん」の番組に不定期のレギュラとして出演しだす 。月収が4、5万の生活が続く。最後には住んでいたマンションをオーナーに鍵を閉められて追い出される。

會原:寂しさと不安を紛らわすために、結婚。
「マンガ喫茶」→「無人ビデオ」の黄金コースを確立、アホほど行く。痔を患う。

結婚してしまったために、嫁が朝から仕事にいくので、家にいづらくなり仕事を行くふりをするようになる(スーツの位置とかを微妙に変更させる)。マンガ喫茶で昼ごはんを食べた後、無人ビデオでエロビデオ(山ほどおいてある:會原はこれをパラダイスと表現)を借りてきて家で鑑賞。マンガ喫茶の硬い椅子に座り続けたために痔になる。

(タンクの証言 この時期、會原さんと遊びに行くときは、いつもスーツを持っていました)

1999年
黒田:KTV「あなたにありがとう」において、「レンタル黒田君」が人気を博す。
(タムケンの証言 黒田さんの偽善ぶりをよく目にした。おじいちゃんおばちゃんを蹴飛ばして歩くような人やのに)

収録中に警察が・・
「レンタル黒田君」のロケ先の家で、料理の用意をしていたら急に警察がやってきた。「どいつですか」っていいながら家に上がってきた。
警察→黒田「何してるねんお前」
黒田→警察「テレビ、テレビ」っていっているのに
レンタル黒田君を呼んだ家のおじいちゃんが「全然知らん人が勝手に料理を作りだしている」っていってきた。

會原:「飴屋」っぴニット帽子を常にかぶるようになる。
親族の遺産がそこそこ入る。
いぼ痔を患う。
このときに、漫才で突っ込みをやるやつは損だと気づく。テレビでてて面白いほうは黒田。
(黒田の言い分 ボケの人間はネタを作る必要がある。これが大変)
(これに対し會原の言い分 そんなことはしたくない。ただ、ただ、目立ちたい。)
2000年
黒田:KTV「昼上がりどまんなか」で当初1パネラーだったが、途中から司会者の位置に!
(會原談 この時期が一番つらかった)
(ケンコバ談 このころから画面からどうやって顔で登場するようになる)
(タムケン談 なんぼDEナンボで始めでるときもどやって感じででてくるね)
(會原談 VTRどうぞっていうときも、ハニカム黒田君みたいなんがあるよね)

會原:「女の子が横についてくれるが、クラブより安めで、カジュアルな飲み屋」を作ったら儲かると思う」と後輩に相談し始める(つまり、誰よりも早く「キャバクラ」を思いつく)。
マンションを購入
(タンク談 ある日、會原さんに家に呼ばれて酒を一気に飲んだ後、200万用意せい。俺も200万用意するからというヤクザのような会話をしました。これキャバクラじゃないですよ。実質風俗ですから)


2001年
「ごきげんブランニュ」スタート。
ナンバ壱番館にゲスト出演。
黒田:KTV「ナンボDEなんぼ」が深夜枠で高視聴率を連発し始める
會原:ごきげんブランニュースタートとともに、「つっこみ」ではなくなる。「ワイドABCDE~す」のロケで吹雪の北海道で一人ぼっちになる

あちゅい
ネタ元は、黒田の元カノのものまね

なんだかんだいって黒田は會原が好き!?
間寛平、タムケンと黒田で、エブリディのロケで岡山にいったときのこと。
その夜、酒で酔ったタムケンがやめるっていっていたら、「お前な、そんなん、やめるなんていうな」っていって黒田がタムケンの馬のりになり、首を押さえた。
「俺は會原が好きやん。俺はメッセンジャーやめへんぞ」て言い出した。


2002年

黒田:収入があがりだし、年に一度「引越し」をしては、「もっとがんばろう」と自分を言い立たせる。
(小藪談「人がよーなってきたんと、メリットのない人間と付き合いをやめはじめたのはこのへんです」)

會原:Yシャツの襟がなくなり始めると同時に「緞帳」のような不思議な生地のスーツを好み始める。
(ケンコバ談「あいはらさん以外は、橋本しんやと高須クリニックだけですよ)

襟のないスーツ
會原は、おしゃれのつもりで襟のないスーツを自信満々に着ていた。
そんなある日、メッセンジャーの漫才の最中に、會原が台詞を間違えて、言葉を失ってしまった。そのとき、黒田は機転を利かして前から気になっていたことをお客さんに聞いてみた。
「なんで襟無いの」って聞いたらどって笑いがきた。
黒田は、みんなうっすら思っていたんだと思った。
會原は、俺は天然にこんなに笑われる服をきていたんだと悔しい気持ちで一杯だった。

お兄ちゃん
居酒屋で、腹違いの妹と出会う。
黒田が居酒屋で後輩と飲んでいたとき、ずっとこっちを見ている女の子がいた。また、ファンかなと思っていたら。どんどんこっちによってくる。最後に涙をボロボロだして、お兄ちゃんって呼んできた。黒田はそれまで妹の存在を知らなかので、「何がお兄ちゃんやねん、自分間違えているで」と否定するも
どちらも親父に兄弟であることを否定できないほど似ていた。
ただそれ以来、一度もあっていない。

2003年
上方お笑い大賞(第32回、最優秀技能賞)
10月ラジオ番組「それゆけ!メッセンジャー」スタート
遊ぼう!!水と太陽と!で黒田の実家がビフォーアフーターされ、光があふれる空間になる。

黒田:「ナンボDEなんぼ」が土曜昼に移動
(タムケン談 この頃から税理士税理士いってました)

會原:この頃から極めて浅い帽子を好み始める
(ケンコバ談 タイガーウッズか會原さんかっていうぐらい)
(會原談 帽子の好みに理由はない)


2004年

黒田:寂しさと不安を紛らわすためトイプードル2匹(まろ、わらわ)を買い始める。この年のクリスマスは、坂田師匠とすごす。

會原:コンパには自分と同等のブサイクを必ず連れて行くようになる(南海キャンディーズ山里、天津向、とろサーモン久保田)
(會原談 このメンバーで行くと、20前後の子はあからさまにしゃべらんようになる。全然コンパが盛り上がらず、女の子はデザートを大量に頼んだりする。腹が立つからデザート代をださせる)
會原、牛肉 おっぱい タオル生地
會原が好きなもの。

會原、あややショック
日頃から松浦あやのファンを公言する會原が、松浦あやが交際していることを知り、ショックを受ける。そして、ラジオの會原のコーナーのタイトルの最後にあややショックがつく。

會原、痛風が発覚
會原が痛風になる。そして、食事制限により、しばらく小動物の食事になる。

黒田、声優に挑戦
黒田は、アニメのブラックジャックの中で、声優に挑戦。配役は、金持ちの成金社長。そして、金庫に閉じ込められて、「金ならいくらでも出す」と懇願する役。

會原、2時間ドラマのちょい役に挑戦
會原は、2005年6月18日に放送された萬田久子出演の2時間ドラマ土曜ワイド劇場のドラマにちょい役で出演。配役は覚せい剤の売人という”ぴったりな!?”役。番組放送開始から10分ぐらい、登場から3分ぐらいであっさり殺されました。ただし、撮りには、まる一日拘束されたそうです。
参考:土曜ワイド劇場「「×イチ女刑事・白い恐怖!会津若松初恋の再燃は連続殺人のカウントダウン」06/18(土) 21:00-22:51テレビ朝日[S][字]刑事・みなみ(萬田久子)が連続殺人事件を追う。麻薬の売人・藤本(會原雅一)が殺された。一方、みなみは会津若松東署の北川(河原さぶ)に頼まれ、別の事件の関係者・速水(高知東生)を尾行。みなみは一般人を装い、速水と酒を飲む。翌日、その近所で死体が発見される。

黒田のおかん、牛乳パックの椅子
黒田のおかんが、牛乳パックで椅子を作ることにはまる。そして、「天保山10days わくわく
宝島」でのなるトモの展示場所で飾られる。そして、牛乳パックの話が、東京にいる一部芸能人にまでうわさが届く。しかし、なぜか話が途中で、牛乳パックの名人がおかんではなく、黒田自身に変わっていたり、牛乳パックで家を作る人という話に大きく変わっていたりする。
最近では、黒田のおかんの趣味が牛乳パックのいすを作るところから牛乳パックを集めるところに移ってきている。一方、黒田は、おかんに、犬小屋、傘などを応用をすすめている


黒田、しょうが湯兄さん
藤本アナは、普段はあまり黒田からの電話はとらないのだが、風邪を引いたとき、黒田からの電話をとってしまった。長電話されるかもしれないと思っていたが、黒田は「風邪には、しょうが湯がいいよ」とだけ言ってあっさり電話をきった。この電話は藤本は、よかったそうです。(なんぼDEナンボより)

黒田、景子って言うな
関西テレビの山本アナは、部下である藤本アナをたまにしたの名前で景子と呼ぶ。これを聞いたときの黒田は、「景子って言うな」と怒る。黒田は結婚していない女性に対し、下の名前で呼び捨てにすることが許せないらしい。

黒田、俺はおまえのために仕事をがんばりたい
酒に泥酔した黒田が藤本にいったセリフ。藤本はこれに感動したそうです。(2時ワクより)

黒田の家が空き巣に入られる
黒田の留守中に空き巣に入られる。しかし被害はビール券2枚だけ。まわりから自作自演とうわさされる。

黒田、本格舞台デビュー
何をしたことがないって聞かれたとき、「まだ舞台したことないですね」と一言いったことから話が始まった。

黒田、3億
黒田が2億5千万もっているらしいという話を、芸人が冗談でテレビ、舞台等やっていた。ごきぶらの中でも、トミーズの雅が黒田に2億5千万もっているらしいとネタ話をしてしまい、さらにうわさが広がる。そして、なるトモの番組の中の街角のアンケートの中で、黒田さんが3億もっているらしいと街角の声があり、さらに、うわさの額が膨れあがってきている。
一方、かの細木和子先生から、先生のいうことを聞けば、黒田は38歳までに1億稼ぐとのお言葉をいただいている。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。